コンテンツ

賃貸で給湯器の水漏れが起きたら

賃貸物件に暮らしていて給湯器の水漏れが起きてしまうことがあります。自分の家と賃貸物件とでは、実は給湯器が故障したときに違いが生じてしまいます。賃貸物件の設備は基本的にオーナーのものだからです。もし賃貸で給湯器の水漏れが生じたときにどう対処するべきなのか解説します。

■賃貸の給湯器の修理・交換費用はオーナーが負担する

賃貸の部屋の中にあるものはすべて借り物です。オーナーが所有しているものを、毎月家賃を支払うことで借りている立場となります。したがって、もし部屋の中に備え付けられていた設備が壊れたならば、その修理費用や交換費用はオーナーが負担するべきものとなります。もちろん、入居者が故意に壊したのであれば修理費用を支払う必要があります。しかし、自然に壊れてしまった場合は、入居者が修理費や交換費を負担する必要は一切ありません。

■オーナーか管理会社へ連絡する

もし給湯器から水漏れが起きたならば、できるだけ詳しくその状態を把握しましょう。いつから水漏れしているのか、給湯器のメーカーや型番は何なのかといった情報をまとめておくのです。そしてすぐにオーナーや管理会社に連絡をしましょう。自分で勝手に業者を呼んで修理をしてもらうことは避けておきます。それではトラブルの原因となり、修理費を自己負担することになる可能性があります。

■まとめ
賃貸物件に住んでいる人は、部屋にある設備が基本的にオーナーのものであることを理解しておきましょう。そのような設備の維持点検や修理などの責任は、すべてオーナーや管理会社にあるのです。給湯器 水漏れがあったときには、まず管理会社に連絡しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ